主な機能 双方向リアルタイム VRレビュー iQ3Connect

双⽅向遠隔拠点間でのミーティング機能

  • インターネットで複数拠点と接続し、双⽅向・リアルタイムにデータ共有・⾳声会話が可能です。
  • 出張予定を気にしたり、費⽤を気にする必要がありません。

ミーティング内容確認機能

  • 仮想のMeeting環境で書き込みした⼨法やコメントのスクリーンショット、360度全⽅向からのビデオ録画機能など、後から内容を確認するためのデータ保存機能が豊富です。
  • 参加できなかった⼈が後で確認する場合の再確認も容易です。

⾃動VRデータ変換機能

  • ご利⽤のCADやスキャナーの3Dデータをドラッグ&ドロップするだけでVRデータに⾃動変換。複雑な環境設定も必要ありません。
  • データ変換のための専⽤システムは不要。サーバー上で⾃動的に変換をスピーディーに実⾏します。

⼨法計測・3Dマークアップ機能

  • 表⽰データから⼨法・3Dマークアップ表⽰、VR上にペンで描き込むなど、情報伝達の⽅法が豊富に⽤意されています。
  • 専⽤のCADシステムなどは不要。その場でリアルタイムに情報伝達を⾏えます。

さまざまな表⽰機能

  • 実物を⾒るように⾃由にウォークスルー。⾒たい部分を詳細に確認する機能が豊富です。
  • 縦横⾼さ奥⾏などあらゆる⽅向からの断⾯表⽰、アセンブリ形状の⼀括分割、各パーツ単位の表⽰・⾮表⽰、半透明表⽰、パーツの移動など、⾃由に確認できます。

3Dデータ確認・編集機能

  • 参加者が仮想の⼿で触れると⾊が変わる⼲渉機能、複数データを読み込み、配置して確認するなど、情報確認機能が豊富です。
  • 3Dデータの⼲渉チェック、AVIファイルなどの動画配置、スキャンデータと3Dモデルデータの混在配置など、データ設置・編集・確認が⾃由に⾏えます。

その他の機能

  • ファイル変換機能
  • Meeting機能(Meeting)
  • ⼨法表⽰機能(Measurement)
  • パーツ確認・表⽰機能(Selection)
  • アセンブリデータ表⽰機能(Explode)
  • 断⾯表⽰機能(ClipPlene)
  • 3Dマークアップ機能(Annotation)
  • Draw機能(Draw)
  • 画⾯イメージ保存機能(ScreenShot)
  • 表⽰ポイント保存機能(ViewPooint)
  • アセンブリデータ表⽰機能
  • データ移動・回転機能(Move&Rotate)
  • ⾳声会話機能(AudioConference)
  • Draw機能(Draw)
  • データグルーピング機能(Group)
  • 表⽰ポイント保存機能(ViewPooint)
  • 動画ファイル表⽰機能(Videos)
  • 仮想空間動録画機能(360°DegreeVideo)
  • フロア機能(Floor)
  • ⼲渉チェック機能(CollisionDetection)

さらに詳しい機能については下記よりご希望の⽅法でお問い合わせください。
デモ・導⼊のご相談の場合は追って当社営業よりご連絡を差し上げます。

このページの上に戻る