主な特徴 双方向リアルタイム VRレビュー iQ3Connect

特徴1複雑なシステム・環境は不要です

インターネットに接続しているWebブラウザがあればすぐに利⽤できます。

VRを利⽤する場合はVRゴーグルを使えるPCとゴーグルを⽤意するだけ

  • パソコン・スマートフォン・タブレットなど、機材・環境を選ばず利⽤できます。

細かな設定は不要

  • 対象のスキャンデータ、CADデータをWebブラウザ上の画⾯にドラッグ&ドロップするだけと、操作が簡単です。

特徴23D CADデータ、スキャンデータを簡単にVR化できます

作成済みの3D CADデータ、スキャンデータをその場でVRデータに変換できます。

  • ユーザーが簡単にその場でVRデータで確認する事が可能
  • DPI-8シリーズでスキャン、保存したDPファイルをネイティブに取り込みできる

CADデータ、スキャンデータの混在、複数ファイルの同時表⽰、アセンブリファイルの表⽰も可能です。

特徴3豊富なツールにより直感的にレビューできます

VRゴーグルを利⽤した⽴体データでの確認はもちろん、VRがない環境でも3Dデータとして確認できます。

VR対応パソコン、⼀般的なパソコン、タブレットなど、どんなハードウェアにおいてもレビューが可能です。

3Dデータからの情報抽出も迅速かつスムーズに⾏えます。

特徴4インターネット環境があれば、双⽅向レビューが可能です

特別な環境を構築しなくても、インターネット接続できる環境とWebブラウザがあれば、すぐに利⽤を開始できます。

複数拠点で同時にVRデータ、同⼀の3D環境を共有できます。

アバター機能により、参加者が⾒たい視点に移動、形状のチェック、確認を⾃由に⾏えます。

特徴5VR上で、詳細な情報確認を実現します

形状⼨法測定、3Dマークアップ、Drow機能、対象ファイル名表⽰など、細かな情報確認が可能です。

断⾯表⽰、パーツの表⽰・⾮表⽰、全体移動、パーツ単位移動などが⾃在に⾏えます。

3Dデータ上でのAVIファイルなどの動画を同時に再⽣できます。

CADデータであれば、VRモード時における右側ポインタ(コントローラー)とCADデータの干渉があった場合、干渉部分の色が変わることによる干渉チェックも可能です。

特徴6ミーティング時の検討ログデータを保存します

ミーティングの際に書き込みなどを⾏った場合、イメージで保存され、直感的な振り返りが可能です。

ミーティングの内容はサーバーに動画ファイルとして保存され、備忘録として活⽤できます。

このページの上に戻る