主な機能 タブレットベース3Dハンディスキャナ DPIシリーズ

豊富なスキャン機能・編集・計測機能

DPIシリーズは現場で必要とされる様々な情報収集をサポートする豊富な機能を提供しています。

  • スキャン後、プロジェクタやモニタ等に投影、会議などですぐに利用できます。
  • 最適化の際に利用する参照平面なども、素早い認識が可能です。
  • スキャン中でも特定の場所を高精度HDカメラで撮影し、現場の証拠写真として利用できます。
  • AprilTagを利用することにより、Tag間寸法最適化、Tagの座標出力とTagの座標インポートなど、多様な活用が可能です。
  • スキャンデータの位置合わせ最適化、寸法測定(2点間・水平・垂直)、面積計測、3D体積、3Dマークアップ(点・平面・シリンダー・イメージ挿入)、不要点群削除、座標変換、点群と3Dモデルの形状比較・解析機能など、その場で確認したい情報を素早くチェックできます。
  • スキャン終了後はタブレットをプロジェクタや他のモニタと接続し、その場でデータチェックを行えます。

スキャン後、同じ場所から追加スキャンが可能

高精度カメラで現場写真を同時撮影、イメージ確認が可能

3Dデータ上にコメントを挿入可能、スキャン平面やシリンダー等指定可能

2点間の寸法測定がその場で可能、基準平面からの水平・垂直測定も可能

指定の3Dエリア境界線の寸法、体積の計算が可能

指定した領域での体積、面積計算が可能

点群データの部分削除や点群集合比率に合わせた一括削除が可能

スキャンした3D点群とCAD等でモデリングしたメッシュデータ(OBJ)を形状比較可能。
表示比率を変えて比較と偏差の色別表示が可能

さまざまなデータ形式に出力が可能(対応出力形式:DP/RCS/POD/PTS/PTX/PTG/E57/LAS/LAZ/PLY)

DPIシリーズでスキャン・編集した点群データは様々な点群データ形式にエクスポートできます。他社のシステム用途に合わせて変換可能です。通常の点群中間フォーマットに加え、WindowsタブレットやPCで利用している場合は、Autodesk社のRecap形式(RCS)、ベントレーのポイントトール形式(POD)への出力も対応、DPI内で撮影した高精細カメライメージやセンサーで取得したRGBファイル、3Dマークアップの情報、ターゲット位置情報等も出力、他のシステムへのデータ連携に役立ちます。

さらに詳しい機能については下記よりご希望の⽅法でお問い合わせください。
デモ・導⼊のご相談の場合は追って当社営業よりご連絡を差し上げます。

このページの上に戻る