SketchUpシリーズ 建築・土木向け3Dモデリングソフト

主な特徴

点群ファイルのインポート

3Dスキャン、ドローン、LIDARセンサー、モバイルマッピングから点群をインポートしSketchUp上に表示します。
ファイル形式はE57、RWP、LAZ、TZF、LAS、PLYに対応しています。
複数の点群データをインポートすることが可能です。(SketchUpにインポートする前に点群の位置合わせをする必要があります)

点群の移動と回転配置

SketchUpの3D空間内の任意の場所へ移動、回転して配置することが可能です。

スナップツールと検証ツールを使った精度の高いモデリング

インポートした点群を元にモデリングを行う際、検証ツール(Inspection)を使うことで精度の高い3Dモデルを作成することができます。

断面平面表示

点群データはSketchUpの断面平面ツールを使って、表示/非表示を切り替えられます。

クリッピングボックスツール

モデリング環境で表示する点群の量をコントロールできます。さらにSketchUpの断面平面ツールに加えて点群のクリッピングボックスを作成して、点群の特定エリアを可視化することができます。

多彩なカラーモードとブレンドモードによる点群の可視化

ポイントクラウドマネージャーにより点群の視覚化とカラーモードにより点群の細部を素早く確認できます。

LayOutとの連携

点群データはSketchUpの断面平面ツールを使って、表示/非表示を切り替えられます。

SketchUpシリーズ導入に関するお問い合わせ

SketchUpシリーズに関するお問い合わせ、デモ・導入のご相談はこちらからお送りください。

このページの上に戻る